ニューヨーク州アムハースト発, May 16, 2019 (GLOBE NEWSWIRE) -- ATTOテクノロジー (ATTO Technology, Inc) は、メトロクラスタ (MetroCluster) 連続データ可用性ソリューションの主要コンポーネントとしてATTOファイバーブリッジ (FibreBridge) 7600Nを提供するために、NetAppと提携したことを発表した。

ATTOファイバーブリッジ7600Nストレージコントローラは、高いレジリエンス (復元性) を維持しながら、NetAppフラッシュおよびディスクシステムへの低レイテンシーの32 Gbファイバチャネル接続を提供することにより、最大300kmのサイト間同期レプリケーションを実現する。ファイバーブリッジ7600Nは、各コントローラあたり最大120万IOPS、6,400MB/秒をサポートする。

ATTOテクノロジーのCEO、ティム・クライン (Tim Klein) は次のように述べている。「ATTOが第3世代のファイバーブリッジ・ソリューションでNetAppと協力できることを誇りに思います。この取引関係を次のレベルに展開できる機会を得たことを大変嬉しく思っています。」

NetAppメトロクラスタは、オンタップ (ONTAP®) ソフトウェアを使用してNetAppシステムに内蔵される高可用性で中断のない運用を強化し、ストレージとホストの環境全体をさらに保護する。

NetAppのONTAPプロダクトマネジメント担当バイスプレジデントのジェイ・スブラマニアン (Jay Subramanian) は次のように述べている。「高い性能とスケーラビリティ (規模の大きさ) は、現代のデータ主体のデジタル変革の成功のカギです。NetAppストレージシステムとATTOコネクティビティソリューションの組み合わせは、今日のエンタープライズアプリケーションで要求される優れたパフォーマンス、信頼性、効率性、および規模に応えています。」

ファイバーブリッジ7600Nは、ATTOエクストリームコア (ATTO XstreamCORE™) ストレージコントローラ製品の一つであり、すべてのオペレーティングシステムおよびプラットフォームに対応していることが広くテストされ、認定されている、ATTOの多様なコネクティビティソリューションの一つである。

ATTOは、データ集約型コンピューティング環境向けのストレージ、ネットワーク接続性、インフラソリューションにおいて、グローバルリーダーとしての地位を30年以上にわたり維持してきた。ATTOテクノロジーの各種コネクティビティソリューション製品ラインについては、次のサイトを閲覧されたい:www.atto.com.

ATTO製品は、大手の付加価値製品再販業者、システムインテグレータ、ATTOウェブストアから購入できる。詳細情報:www.atto.com/howtobuy/

Twitter LinkedIn ATTOをフォローされたい。  Facebook で「いいね!」(@ATTOTechnology)

ATTOについて

ATTOテクノロジー (ATTO Technology, Inc.) は、30年以上にわたり、多くのデータ集約型コンピューティング環境のストレージ、ネットワーク接続性、インフラソリューションを専門とし、IT、メディア、エンターテインメント市場のグローバルリーダーの地位を維持してきた。ATTOは、データのより良い保存、管理、配信のために、パートナー企業と協力してエンドツーエンドのソリューションを提供している。同社は顧客の設計チームの別働隊として働き、ホストおよびバスアダプタ、ネットワークアダプタ、ストレージコントローラ、サンダーボルト (Thunderbolt™) アダプタ、ソフトウェアを製造している。ATTOのソリューションは、ファイバーチャネル (Fibre Channel)、SAS、SATA、iSCSI、イーサネット、NVMe、およびサンダーボルト (Thunderbolt) をはじめとする、すべてのストレージインターフェイスにハイレベルの接続性を提供する。 ATTOは、ストレージの基盤を提供している企業である。

ここに記載されている、すべての商標、商号、サービスマーク、ロゴは、各々の会社に帰属する。

問い合わせ先
ATTOテクノロジー (ATTO Technology, Inc.)
スザナ・ブーテ (Susannah Boutet)
sboutet@atto.com
TEL: +1 (716) 691-1999 x159
FAX:  +1 (716) 691-9353