SKブロードバンドはスキピオのソリューションで1ギガビットGfastの壁を突破

Ramat Gan, ISRAEL


SKブロードバンドは韓国で初めてソウルとソンナムで真のギガビットGfast 212MHzサービスを開始

イスラエル、ラマト・ガン発, Nov. 12, 2018 (GLOBE NEWSWIRE) -- スキピオ・テクノロジーズ(Sckipio Technologies)とインターネットサービスプロバイダのSKブロードバンド(SK Broadband)は、アジアで初めてのGfast 212MHzギガビットインターネットの商業展開を発表した。SKブロードバンドは、この新しいGfastギガビットサービスを韓国のソウルとソンナムで展開する。

「SKブロードバンドは、ギガビットのインターネットを全国展開することを決定しましたが、韓国の全ての集合住宅で、各戸まで簡単に光回線を引けるわけではありません。弊社がスキピオのGfastを選んだのは、こういった理由からです。Gfastは、ギガビットファイバーのパフォーマンスを、従来のツイストペアの電話線しなかない集合住宅に拡大する最善の方法です」とSKブロードバンドのアクセス・ネットワーク担当マネージャーのチョンボク・リー(Choong-Bok Lee)氏は述べた。

SKブロードバンドは、VDSL、G-PON、NG-PON2、XGS-PON、そして今回のGfastと、その時点で最新のアクセス技術をいち早く市場に提供する会社として、長い歴史を誇る。SKブロードバンドは、XGS-PONに加えて、最高52.25ギガビットをサポートする世界初のNG-PON2の個人住宅顧客への提供を開始した。SKブロードバンドは、光ファイバーと銅線を組み合わせるという現実的なアプローチを使って、世界をリードする目覚ましいブロードバンドの速度を達成した。韓国のほとんどの集合住宅ビルでは、ケーブルは既に地下に配線されている。しかし古いビルである場合が多く、光ファイバーを集合住宅の各戸まで引くことは現実的ではない。韓国の集合住宅で各戸まで光ファイバーが配線されているのはわずか34%で、残りの66%は別のアプローチが必要となっている。

そこでGfastの機能が発揮される。Gfastは標準ベースのアクセスネットワーク技術で、既存のツイストペアの電話配線を利用して、真のギガビット接続をビルの各戸に追加する。回線間のクロストークキャンセルにベクタリング技術を応用することで、わずかな時間で手間や費用をかけずにGfastは光ファイバーに近いパフォーマンスを実現する。この真のベクタリング技術は、同一のワイヤーバインダー内に同時に接続する全ての利用者に同時にギガビットサービスを提供するもので、ベクタレス技術では不可能である。またGfastは、配信点ユニット(DPU)をスタックし、DPU全体をベクタリングすることで、96のギガビットポートまで拡張することもできる。これにより、SKブロードバンドのようなキャリアは、設備投資を大幅に節約できる。

韓国統計情報サービス(Korean Statistical Information Service)によると、ソウルおよび周辺のキョンギドの半分以上の住民は、各戸が密集した高層ビルに住んでいる。こういった全ての居住者にギガビットのスピードを提供するには、最新の212MHz技術をサポートし、かつ膨大な数の回線に同時にベクタリング(クロストーク・キャンセル機能)を実行できる新しいGfastのソリューションが必要だった。韓国のネットワークインフラ機器メーカーであるHFRがスキピオと協力して、SKブロードバンドに最高96のサービス加入世帯までをサポートするソリューションを提供した。HFRのDPUは1台で24の加入世帯をサポートし、さらに3台のDPUを接続して、同一の銅線のバインダーを共有する96のサービス加入世帯にサービスを提供する96のポートからなる巨大なベクタリンググループを作ることができる。96の加入世帯にギガビットのサービスを同時に提供できるのは、スキピオのGfastだけである。

「SKブロードバンドおよびHFRとパートナーを組むことで、弊社は韓国におけるブロードバンドの速度向上を加速させています。今回のサービスの展開は、大規模な集合住宅という環境に、各戸に光ファイバー接続を設置することなくギガビットサービスをもたらすという、Gfast技術の明白な利用事例を示すものです」とスキピオのCEOであるデビット・バウム(David Baum)氏は述べた。

「ギガビットのスピードは、世界中の運営業者にとって、新たなマーケティングの標準となりつつあります。韓国の先進のアクセスインフラとブロードバンドサービス加入者獲得の競争を考えると、SKブロードバンドがGfastを採用するのは当然のことです」とオーバム(Ovum)の主席アナリストであるジュリー・カンスラー(Julie Kunstler)は述べた。

スキピオについて 
スキピオはGfastのリーダーであり、ウルトラブロードバンドアクセスとモバイルバックホールを実現するために使用される非常に優れた規格準拠のGfastモデムを開発している。スキピオは、Gfastに関して世界中の30あまりの企業と連携し、ITU-T規格の主要貢献会社の1つである。スキピオについての詳しい情報は、弊社ウェブサイトhttp://www.sckipio.comを参照のこと。またLinkedInSlideShareおよびツイッター(@SckipioTech)でも情報を発信している。

メディア担当者:
マリアンヌ・デンプシー/マイケル・アラード・マクマホン(Marianne Dempsey/Michelle Allard McMahon)
sckipio@rainierco.com
508-475-0025