サイメックス・グループ (OTC: ARGB) がカザフスタン・ジェイド・プロジェクトを開始

Las Vegas, Nevada, UNITED STATES


ラスベガス発, Aug. 09, 2019 (GLOBE NEWSWIRE) --  サイメックス・グループ (Simex Group Inc.、旧アメリカン・リテール・グループ (American Retail Group Inc.) は、多機能ブロックチェーンプラットフォーム「SIMEX」の開発者および所有者であるサイメックス (Simex Inc.) の持株会社である。サイメックス・グループは、香港に本拠を置く採掘会社ジェイド・リソーシズ・リミテッド (Jade Resources Limited) が、SIMEXプラットフォームを利用した新しいセキュリティトークンの取り組みであるカザフスタン・ジェイド・プロジェクト (Kazakhstan Jade Project) という次期投資ラウンド計画に合意したことを発表した。

サイメックスは、エストニア共和国の法律に基づいて組織され存在する、ライセンス取得済みの仮想通貨取引所の受益所有権を保持している。同社はブロックチェーン業界の幅広いソフトウェアソリューションを専門としており、これには最先端の多機能デジタルエクスチェンジプラットフォームおよびトークン化と証券および商品のデジタル化に関連する多様なソフトウェア機器の開発、保守、サポートが含まれる。サイメックス・グループは、ブロックチェーンの投資手段へのアクセスを世界中の投資家に解放する予定である。同社はSIMEXプラットフォームを利用することで、発行者、投資家、ブローカーディーラーに新たな展望を開くとともに、投資家と発行者の双方にとって投資プロセスが容易になることを期待している。

カザフスタン・ジェイド・プロジェクトは、ヒスイ輝石の採掘と生産のリーダーであり、中国向けのヒスイ主要供給業者の1つであるジェイド・リソーシズ・リミテッドのために開発されたプロジェクトである。ジェイド・リソーシズ・リミテッドは、カザフスタンのヒスイ鉱山で、世界最大の単一ヒスイ輝石の産地の1つを所有している。鉱業、製造からマーケティングまで、ヒスイ輝石の全工程を管理する垂直統合型企業である。今回の合意により、複数国*の投資家がジェイド・リソーシズ・リミテッドの証券を取得し、そのプロジェクトに参加することが可能となる。

ジェイド・リソーシズ・リミテッドのCEO兼社長であるケビン・フー (Kevin Foo) は次のようなコメントを発表した。「鉱業分野では新しいテクノロジーの採用が頻繁に行われています。SIMEXが提供するテクノロジーのおかげで、投資家はカザフスタン・ジェイドなどの高収益の鉱業プロジェクトに容易に参入できます。弊社は、潜在的な投資家に向けて、本プロジェクトについて評価し、この投資が関連する証券法に準拠していることやSIMEXのブロックチェーン暗号化技術によって保護されていることを知っていただく機会を提供できます。」

同氏は、鉱業のあらゆる分野で、R&D、運用、プロジェクト管理、公開企業の取締役など、40年のキャリアを積んできた。カザフスタンとロシアでの20年間を含め、5大陸の国々に住んで働いてきた経験がある。英国の公共鉱業企業であるセルティック・リソーシズ・ホールディングス (Celtic Resources Holdings) の再活性化と財政立て直しに貢献したことでもよく知られている。1999年11月に時価総額70万米ドル (約7,420万円) で同社を買収し、その後2007年12月に3億6,000万米ドル (約381億6,900万円) でロシアの大企業に売却した。さらに、石油およびガス産業へのクロスオーバーを行い、成功した数少ない起業家の1人としても知られている。ビクトリア・オイル&ガス (Victoria Oil and Gas Plc) を設立し、自ら運営の指揮をとり、カメルーンのガス会社として成功を収めた。2019年初頭には、カザフスタンの主要なヒスイ鉱床の開発に注力するため、ビクトリア・オイル&ガスの会長職を辞任した。

* サイメックス・グループでは米国の投資家がSIMEXプラットフォームに登録できる機会を積極的に模索しているが、このオプションはこの発表時点では利用不可となっている。

免責条項

本プレスリリースには、サイメックス・グループの事業計画をはじめ、その財政状態と事業戦略に関する目標、計画、予測など、将来に関する記述が含まれている。以下に列挙する表現、「~だろう」、「~が可能になる」、「~予定である」、「~という結果になる」、「~が期待される」、「~であり続ける」、「~と予想する」、「~と期待する」、「~と見積もる」、「~と計画する」、「~を示す」、「~かも知れない」、「~の可能性がある」、「~すべきである」、「~と信じる」、「~と考える」、「~を検討する」、またはこれらに類似する表現は、「将来の見通しに関する記述」に該当することを示す。将来の見通しに関するこれらの記述は、1933年証券法第27A条および1934年証券取引法第21E条の意味における将来の見通しに関する記述に該当し、これらの項により作成された免責条項の対象となる。実際の結果は、多くのリスクおよび不確実性の結果として、将来の見通しに関する記述で予測された結果とは大きく異なる可能性がある。このような将来の見通しに関する記述は、現時点での予想に基づいており、既知および未知のリスク、第三者との間で発生しキャンセルされる可能性のある情報、取引または注文、および結果や業績、成果に影響を及ぼす他の要因への依存を伴うものであり、そうした将来の見通しに関する記述によって表明または暗示され、予想される結果、業績、または成果は大幅に異なる場合がある。実際の結果が予測結果と大きく異なる可能性のある要因には、世界経済状況の変動、経営陣と従業員の業績、資金調達能力、競争、一般的な経済状況、および定期的な報告書や証券取引委員会に随時提出する文書に記載されるその他の要因が含まれる。ここに記載された記述は、あくまでも当プレスリリースの日付時点のものであり、それ以降の日付時点においても通用することを保証するものではない。サイメックス・グループは、これらの記述に過度に依存しないよう読者に警告する。同社は、将来の見通しに関する記述を更新する義務を負わず、またそのような記述の日付以降の出来事、発展、予期せぬ事象、または状況を反映する義務も負わない。実際の結果は、サイメックス・グループの予想および見積もりとは大きく異なる場合がある。

SIMEXについての問い合わせ先:
メール: Info@simex.global
本社: 2300 West Sahara, Office 400, Las Vegas, 89102

法人顧問弁護士への問い合わせ先:
キリル・Y・ニコノフ (Kirill Y. Nikonov) 様
Carmel, Milazzo & DiChiara LLP
55 West 39th Street, 18th Floor
New York, NY 10018
メール: knikonov@cmdllp.com