カリフォルニア州サンノゼ発 , July 08, 2019 (GLOBE NEWSWIRE) --  ルミナ・ネットワークス (Lumina Networks) は本日、同社のLumina Flow Managerのバージョン9.1をリリースした。これはSD-Coreソリューションポートフォリオにおける主要製品で、5Gに向かう通信サービスプロバイダー (CSP) に、高度なネットワークトラフィックエンジニアリングと論理スライシングを提供する。この製品は、ティアワン通信ネットワークで展開され、分散されたグリーンフィールドネットワークの信頼性を向上させる。インテントベースのスライシングに対応しており、従来のMPLSコアを緩和し、エッジを最新化できる。

ルミナ・ネットワークスのこのリリースにより、通信事業者規模のMPLSネットワークに共通の主要機能が、分散されたホワイトボックスネットワークで利用できるようになった。これにより、異種混合ネットワークに展開できるようになる。ホワイトボックスリソースの信頼性と操作性を向上する新しい機能としては、マルチキャストの自動最適化、LLDPのモニタリング、障害の早期検出と転送などがあり、MEFに準拠したE-lineサービスおよびE-Treeサービスを動的に構成できる。

  • 自動化された複製起点&冗長入力リンク、動的なソフトウェア制御により、E-Treeサービスの導入を簡素化: サービスの可用性を向上させながら、ネットワーク障害に対応するためのプログラミングを最少化。
  • BFD for OpenFlow Networks: 識別時間を大幅に削減し、グリーンフィールドネットワークにおける局部修理を推進することで、ネットワークのインテリジェンスと信頼性が向上。
  • P4ホワイトボックススイッチの統合: さまざまなスイッチハードウェアに対応。
  • プロビジョニングされたトポロジーにより、ネットワークスライシングのフレームワークを構築: パス計算および運用プロセスの複数の論理トポロジーを使い、物理的なトポロジーを実装。

本アプリケーションは、ルミナのOpenDaylightベースのSDN Controller (Fluorineリリース) で稼働し、最新のコミュニティ開発を活用する。

ルミナ・ネットワークスのCEO、アンドリュー・カワード (Andrew Coward) は次のように述べている。「当社のお客様は変革を続けており、5Gへと向かう中、分散しているネットワークサイロを制御することが、大きな課題になっています。このLumina Flow Managerの更新版は、実際のティアワンネットワークで実証済みです。スイッチの5倍の拡大と、サービスの15倍の拡大に対応しており、分断したネットワークをつないで、ネットワークの切り替えの効率性向上に役立ちます。」

Lumina Flow Managerは、CSPが異機種環境でオープンソースソリューションを使えるように作られており、ベンダーの制約を受けることなく、カスタマイズされた、オンデマンドのサービスを提供できる。同社のNetDevサービスチームが、NetDevOps手法への移行をサポートする。Lumina Flow Managerは、業界が変革を続けている中、EVPNのような次世代型ネットワークを実現する。

ルミナ・ネットワークスについて
ルミナ・ネットワークスのオープンソースネットワークソリューションは、異機種ネットワークを簡素化し、自動化する。ルミナ・ネットワークスが、エンジニアリングの優位性、オープンソースにおける経験、俊敏な開発手法を組み合わせることで、サービスプロバイダーは、ベンダーの制約を受けることなく、将来のビジネスの再考が可能になる。ルミナ・ネットワークスは、ネットワークアーキテクチャを統合し、インテントベースのネットワーク機能を実現することで、オンデマンドでカスタマイズ可能なサービスを構築して配信するための、顧客中心の手法を提供している。ルミナ・ネットワークスの詳細については、www.luminanetworks.comおよび@luminanetworksを閲覧されたい。

報道関係者向けの問い合わせ先:
ステファニー・オウヤン (Stephanie Owyoung)、ルミナ・ネットワークス
マーケティング担当役員
+1 (925) 719 - 4957
Sowyoung@luminanetworks.com