テキサス州オースティン発, Jan. 13, 2020 (GLOBE NEWSWIRE) -- Wi-Fi Alliance®は、最も安全で相互接続可能なWi-Fi®を提供するWi-Fi CERTIFIED™製品が5万件を突破したと発表した。Wi-Fi AllianceWi-Fi CERTIFIEDは、幅広いブランドと製品カテゴリーにわたり相互接続し、信頼できる一貫したWi-Fi体験を提供する製品の証だ。認定の証として世界的に認められているWi-Fi CERTIFIEDは、ルーターやテレビ、スマートフォン、ウェアラブル、スマート アプライアンスなど、高い顧客満足を実現するさまざまな製品で使われている。今日だけでなく将来にわたり住宅、医療、自動車、企業など幅広い環境でWi-Fi製品に高い価値を提供するWi-Fi CERTIFIEDを紹介した最新動画を閲覧されたい。

先頃ウェイクフィールド・リサーチ (Wakefield Research) が実施したアンケート調査では、回答者の過半数がホーム・ネットワークで5台以上のデバイスを接続しており、平均で4つのブランドが同時にオンライン接続している。これらのWi-Fiユーザーは、多様なデバイスを相互運用できる環境を向上させるために、しばしばアクセスポイントの移動や最新テクノロジーへのアップグレード、ネットワーク・アクセスポイントの再起動を行っている。このような方法が功を奏する場合もあるが、高い信頼性でデバイス間の相互接続と最高の利用体験を実現する最も確実な手段はWi-Fi CERTIFIED製品を購入することであると、Wi-Fi Allianceは強調している。Wi-Fi CERTIFIEDのメリットを知った回答者の反応は次のとおり。

  • 回答者の80%が、最新世代のWi-Fiを購入する場合は非認定製品よりもWi-Fi CERTIFIED 6™製品を求めると回答。
  • 回答者の60%以上が、認定の証であるWi-Fi CERTIFIED製品なら、たとえ価格が高くても購入すると回答。             

Wi-Fi Allianceのプレジデント兼CEOであるエドガー・フィゲロア (Edgar Figueroa) は、次のように述べている。「Wi-Fi Allianceは、Wi-Fiデバイスとネットワークが消費者の皆様の期待する相互接続性、セキュリティ、信頼性を確実に提供できるようにすることに確固とした姿勢で取り組んでいます。厳格な試験に合格し、最高のWi-Fi標準を満たしている証であるWi-Fi CERTIFIEDの製品とネットワークがもたらすさまざまなメリットは、他の製品との大きな差別化要因になります。」

Wi-Fi CERTIFIEDの中核となるコンセプト、それはWi-Fi ユーザーを保護することだ。セキュリティ環境の高度化が進む中、Wi-Fi Allianceはワイヤレス環境のセキュリティとプライバシーの課題をサポートするため、定期的に Wi-Fi CERTIFIEDの要件をアップデートしている。最新世代のWi-Fi CERTIFIED WPA3™を含め、最新のセキュリティ保護を保証できるデバイスはWi-Fi CERTIFIEDデバイスのみである。最先端のWi-Fiセキュリティをユーザーに提供するとともに、幅広い範囲のWi-Fi環境を強力に保護するWi-Fi CERTIFIEDデバイスは、他の製品と一線を画す存在だ。

世界850社を超える企業で構成されているWi-Fi Allianceは、メンバー企業が中心となって活動を進めている組織で、世界へのWi-Fiの普及と業界へのWi-Fi CERTIFIEDプログラムの提供を行っている。2019年のWi-Fi認定件数上位の企業には、ファーウェイ・テクノロジーズ (Huawei Technologies)、レナー・ベンチャーズ (Lennar Ventures)、LGエレクトロニクス (LG Electronics)、パナソニック・コーポレーション (Panasonic Corporation)、サムスン電子 (Samsung Electronics)、ソニー (Sony Corporation)、トヨタ自動車 (Toyota Motor Corporation) がある。新しい住宅、自動車、スマートホーム、家電など、Wi-Fi 認定を有する企業の範囲の幅広さは、Wi-Fiのさまざまなユースケースとアプリケーションに最高のユーザー体験を提供する基盤として相互接続性を重視している業種の幅広さを物語っている。

Wi-Fi Alliance®について
www.wi-fi.org
Wi-Fi Alliance®は、Wi-Fi®の普及改善に取り組む世界規模の企業ネットワークである。このコラボレーションフォーラムを構成しているWi-Fiエコシステムの企業は、あらゆる場所ですべての人とモノをつなぎながら、可能な限り最高のユーザー体験を提供するというビジョンを共有している。2000年以来、Wi-Fi Allianceが認定した製品は5万件を超えている。Wi-Fi CERTIFIED™は実証済の相互接続性、バックワードの互換性、最高の業界標準のセキュリティ保護を実装した製品の証として広く認められている。今日、Wi-Fiは広がり続ける多種多様なアプリケーション環境でやり取りされている膨大なインターネットトラフィックの半分以上をサポートしている。今後もWi-Fi Allianceは、世界数十億のユーザーが日々活用しているWi-Fiの普及と進化発展に不断の姿勢で取り組んでいく。

報道関係者向けの問い合わせ先: 
アンドレア・トーレス (Andrea Torres)
Highwire PR (Wi-Fi Alliance担当)
wi-fi@highwirepr.com
 +1-310-592-6341

調査手法について:本Wi-Fi Alliance調査は、2019年10月9~16日にウェイクフィールド・リサーチが米国の18歳以上の成人1,000人を対象に、電子メールによる依頼とオンライン調査を通じて実施した。この標本数は、18歳以上の米国人口を代表する信頼できる精度の高い結果を得ることができる人数として設定されている。

この発表に関する動画は以下から入手可能:

https://www.globenewswire.com/NewsRoom/AttachmentNg/cca60cd8-8841-4050-a2bd-1c9898c1eff8