オンタリオ州オタワ, June 25, 2020 (GLOBE NEWSWIRE) -- CorelDRAW Technical Suite 2020 は、専門的なテクニカル イラストレーションやビジュアル ドキュメントの作成に最適な統合スイートの最新版です。新しい共同作業機能、強化されたアイソメトリック図作成ツール、コールアウト処理機能などが搭載され、性能も著しく向上しました。 CorelDRAW® Technical Suite 2020 は、より迅速なワークフローで、テクニカル イラストレーションを正確に、そして完全に制御して完成させることができます。

CorelDRAW 2020 のラインアップには、幅広いグラフィックソフトへのニーズに対応したユニークな4製品がそろいました。趣味として楽しみたい方やホームビジネスのユーザーの方々には、お手頃価格で自作のデザインを作成できる CorelDRAW Essentials または CorelDRAW Standard からお選びいただけます。グラフィクスを扱うプロや企業ユーザーの方々は、CorelDRAW Graphics Suite の柔軟性を利用して優れたデザインを作成し、様々なタイプのデザインを完璧な仕上がりで出力させることができます。工業・建築業界の方は、CorelDRAW Technical Suite を利用して、ドキュメント作成やトレーニングなどに最適な専門的なイラストレーションを作成できます。

「2020 年は CorelDRAW にとって転機となる年になりました。カジュアルユーザーからプロのグラフィック制作者の方々にいたるまでの異なるデザイン ニーズに対応するよう、製品ラインアップを拡大したのです。」 と Corel のシニア製品マネージャである Klaus Vossen 氏は述べています。「CorelDRAW 2020 のテクニカル ドキュメント作成のワークフローが拡大され、イラストレーターが新しいツールや共同作業ツールを使うことができ、複雑なグラフィックも作成し、あらゆる種類のビジュアル コミュニケーションをこれまでにない速さで実現できます。」

エンジニアリング、建築業、製造業に最適な CorelDRAW® Technical Suite 2020 は、卓越したコントロールと正確さを発揮し、完璧なテクニカル ドキュメントやデザインを作成できます。

新しい太線および細線オプションを使って、改善されたスタイルのワークフローでより迅速に作業
線、光輪、スタイルをより生産的に作成できます。新しい太線/細線作成モードを利用して、曲線、四角形、楕円などの線の太さを自動的に調整し、テクニカル イラストレーションの時間を大幅に節約できます。2 種類の線の太さを同時に適用して、カンタンにアイソメトリック図に奥行きを入れることができます。光輪を線に追加するときは、輪郭の幅と光輪の幅の割合をロックしてシームレスにスケーリングできます。

強化された吹き出し処理の機能を最大限に利用
技術的な図面やイラストレーションに使う吹き出し処理機能が最適化されました。新しい引き出し線なしの吹き出しツール、吹き出しスケーリング オプション、オブジェクト情報をシンボルに追加できる機能を使って、作業時間を短縮できます。図面を作成しながらホットスポットやオブジェクト情報をコールアウトに自動的に適用できます。

スムーズな共同作業ツールで、フィードバックや承認プロセスをすばやく追跡
レビューや承認のワークフローすべてをシンプルにする新しい共同作業ツールで、クライアントと他の従業員とこれまで以上につながることができます。CorelDRAW.app™ をご利用いただくと、クラウド経由で CorelDRAW と Corel DESIGNER™ ファイルを直接閲覧、注釈やコメントでき、レビュー担当者とコンセプトを共有できます。

より迅速なパフォーマンスと AI 搭載の機能が楽しめる
反応の著しくすばやくなったアプリケーション スイートを使って、さらに効率的に作業できます。Corel DESIGNER 2020 の新しいツールにより、デザインの時間を全体的に短縮できます。新しいラップ機能が加わり、シンプルな方法で円筒にオブジェクトを正確に巻き付けられるようになりました。S1000D に対応するイラストレーションの作成には、新しいシンボル ライブラリを使って、より迅速に、カンタンに作業できるようになりました。また、Corel DESIGNER あるいは CorelDRAW では、最新の人工知能(AI)技術を利用し、画像のアップサンプリングや JPEG の劣化除去、レベルアップしたビットマップ/ベクター間のトレーシングが Corel PowerTRACE により可能になりました。

改善された XVL Studio Corel Edition 3D を再利用
XVL Studio Corel Edition に数々のアップデートが追加され、既存のソースを 3D 設計に利用可能になりました。インポートされた 3D ビューには Corel DESIGNER の簡素化されたオブジェクト構造を利用できるようになり、パーツ番号などのオブジェクトのメタデータを保管できるようになり、3D ビューを保存するスナップショットのワークフローが最適化されました。 

CorelDRAW Technical Suite 2020 のメイン アプロケーション:

  • Corel DESIGNER™ 2020:高精度なイラスト作成およびテクニカル デザイン
  • CorelDRAW® 2020:ベクトル イラスト作成およびページ レイアウト
  • Corel PHOTO-PAINT™ 2020:プロフェッショナルな画像編集
  • XVL Studio Corel Edition:3D ビジュアライゼーションとオーサリング
  • CorelDRAW.app™:Web ブラウザからファイルにアクセス、コラボレーション、外出先でイラストレーション作成

XVL Studio 3D CAD Corel Edition 2020 でよりパワフルに
XVL Studio 3D CAD Corel Edition 2020 アドオンを使って、複雑な 3D CAD パーツや組み立て図の全体を視覚化させることができます。 CorelDRAW Technical Suite とは別売のこの強力な 3D オーサリング アドオンは、生産性とパフォーマンスを強化する機能が多数搭載されており、さらに多くのファイル形式にも対応しています。より豊富になった自動検知および更新機能を利用し、より効率的に Corel DESIGNER で 3D CAD ソースのイラストレーションを更新でき、自動更新機能をよりコントロールできるようになったことでさらに時間を節約できます。最新版では、アセンブリ置換ツールと編集パネルがアプデートされるなど、高度なオブジェクト構造処理機能がより強化されました。

製品の入手情報および価格
現在、CorelDRAW Technical Suite 2020 は、英語、日本語、フランス語、ドイツ語でご利用いただけます。永久ライセンスのフルバージョンの希望小売価格は115,834円、アップグレードの希望小売価格は49,809円です。価格は税別です。

CorelDRAW.app によるコラボレーション機能は、下記に該当されるお客様のみに提供される機能です。
-CorelDRAW Technical Suite をサブスクリプションでご利用の方
-メンテナンス付きのライセンスをお持ちの方
-永久ライセンスをお持ちの場合は、追加の CorelDRAW.app Pro サブスクリプションに登録された方

企業のお客様は、ソフトウェア展開や仮想化サポートが含まれるボリューム ライセンシングのオプションやメンテナンスを是非ご利用ください。詳細については、www.corel.com/jp/volume-licensing/ をご覧ください。

Corel について

世界中の何百万人もの知識労働者が Corel 製品により、質の高い仕事をより迅速にこなすことができています。Corel は業界で広く認知されたソフトウェアブランドを提供し、個人やチームによる創造や共同作業を強力にサポートし、優れた成果へとつなげています。Corel は、インスピレーションを提供し、ユーザーの目標を達成するために、CorelDRAW®️、ClearSlide®、MindManager®、Parallels®、WinZip® など幅広い画期的なアプリケーション群を提供しています。Corel についての詳細は www.corel.comをご覧ください。

© 2020 Corel Corporation.CorelCorel のロゴ、Corel バルーンのロゴ、CorelDRAWCorelDRAW.appCorel DESIGNERCorel PHOTO-PAINTPowerTRACEMindManagerPinnacle WinZip は、カナダ、米国、およびその他の国における Corel Corporation の商標または登録商標です。ClearSlide は、カナダ、米国、およびその他の国における ClearSlide Inc. の商標または登録商標です。Parallels は、カナダ、米国、およびその他の国における Parallels International GmbH の商標または登録商標です。本文書に記載されているその他すべての商標は、それぞれの所有者の知的財産です。特許: www.corel.com/patent.

メディアのお問い合わせ先
<掲載用連絡先>
コーレル株式会社
URL: www.corel.com/jp
<プレスからのお問い合わせ>
コーレル株式会社 〒105-0004 東京都港区新橋 4-21-3 新橋東急ビル 2 階
広報用メール:jp_press@corel.com

このプレスリリースに関する画像はこちらから入手可能です。

https://www.globenewswire.com/NewsRoom/AttachmentNg/02c4a00d-534b-4b92-b716-13912428521f

https://www.globenewswire.com/NewsRoom/AttachmentNg/a8a889bf-28f3-4df6-a1a4-54db230efef8

https://www.globenewswire.com/NewsRoom/AttachmentNg/655a1916-bfbd-4ef0-b01e-529781096015

https://www.globenewswire.com/NewsRoom/AttachmentNg/855d01b4-5cbd-4eaf-b748-65b4f2592ce1